2009年05月22日

椿の湯 改定料金表

椿の湯 改定料金表

県が定める公衆浴場施設(銭湯)入浴統一料金の引き上げに伴い、道後温泉「椿の湯」の料金を改定します。(下表のとおり)
平成20年 5月1日から

区 分 旧料金 新料金 有効期限
大 人 330 円 360 円 当日限り
小 人 140 円 150 円
高齢者 160 円 180 円
身体障害者等 160 円 180 円
回数券 大 人 3,300 円 3,600 円 発売日から3ヵ月以内
小 人 1,400 円 1,500 円
高齢者 1,600 円 1,800 円
身体障害者等 1,600 円 1,800 円
月受入浴券 31回 大人 6,100 円 6,600 円 使用開始日から1ヵ月以内
小人 2,600 円 2,700 円
15回 大人 3,400 円 3,700 円
小人 1,400 円 1,500 円
団体入浴券 20から99名 大人 260 円 280 円 当日限り
小人 110 円 120 円
100名以上 大人 230 円 250 円
小人 90 円 100 円

※ 小人=2歳以上11歳以下
高齢者=市内に住民登録のある65歳以上の人
身体障害者等=市内に住民登録のある身体障害者手帳などをお持ちの人

※ 回数券は入浴券11枚綴りとなります。

※ 月受入浴券の使用は市内に住所を有する人に限ります。

※ いずれの券も払い戻し、引き換えおよび現金追加などはできませんので、購入時には有効期限などを十分ご確認ください。

※ 平成20年4月30日以前に発売した回数券は発売後3ヵ月間に限り有効とし、有効期間を経過したときは使用することができません。
また、4月30日以前に使用を開始した月受入浴券(有効期間1ヵ月)は、月受入浴券に記載された有効期間内は、そのまま使用することができます。

posted by どんちゃん at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月16日

放生園 ほうじょうえん

KIF_0459.jpg
放生園は、道後温泉駅前、道後商店街の入口にあり、神代の昔、道後の湯で傷を癒したという白鷺の足跡の残った「鷺石」や、明治24年から昭和29年まで道後温泉本館で使用した湯釜から出る「足湯」、「坊っちゃんカラクリ時計」などがあり、夜にはレトロなガス灯のともる温泉情緒あふれる人気のスポットになっています。

建武年間(一一三三四〜一三三六年)に伊佐爾波神杜が現在のところに移されたとき、境内の御手洗川の引水をたたえて池がつくられました。この池は「放生池」といい、聖浄の地とされましたが、現在は埋められてこの公園となっています。
 一羽の傷ついた白鷺が湧き出る湯で傷をいやしたのが、道後温泉の始まりだという伝説に基づく、足跡の残った「鷺石」や明治二十四年から昭和二十九年に使用された「湯釜」などがあります。

足湯
市民・観光客のコミュニケーションの場として、平成14年12月に完成しました。道後温泉本館で使用されていた湯釜から流れる湯に足を浸し、俳句などひねってはいかがでしょうか。

女性の方にストッキングを脱いで足湯を楽しんでいただくための「身嗜所」(みだしなみしょ・無料)もどうぞご利用ください。

利用時間
6:00 〜 23:00
泉 質
アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ高温泉)
道後温泉本館と同じ湯を使用した「かけ流し」です。

「坊っちゃんカラクリ時計」は、道後温泉本館の振鷺閣をモチーフにした時計で、軽快なメロディにのって時計台がせり上がり、夏目漱石の小説「坊っちゃん」の登場人物が現れます。街角案内人との記念写真はいかがでしょう。
上演時間
8:00 〜 22:00(1時間ごと)※特別期間は30分ごと
特別期間
3月20日〜5月30日、 7月20日〜9月30日、11月20日〜1月30日

鷺 石 (さぎいし)
その昔、温泉で傷を癒した鷺をみて、この道後温泉が発見されたといわれております。この石は、その鷺がとまっていた石といわれており、表面に足跡のようなものがみられます。


放生園 ほうじょうえん
愛媛県松山市道後湯之町 道後温泉駅前
posted by どんちゃん at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
ホームページ制作代行 消費税の事業区分 税理士事務所業務案内 ドンゴラスけ林の鏡 行政書士業務案内
税理士事務所 株式会社設立費用 行政書士事務所業務案内 フリー素材置き場 税理士の相互リンク集
建設業許可とは 税理士 お客様の声 行政書士になりたい人 麻雀(マージャン)役 行政書士相互リンク集
税理士事務所 にせ税理士にご注意 行政書士事務所報酬一覧 コリドラス繁殖 税理士事務所案内