2009年05月04日

宇和島市立伊達博物館

「伊達は十万石、鶴島城址……」と宇和島小唄にもうたわれているように宇和島は伊達十万石の城下町として発展し、早くから文化の開けた所です。
 元和元年(1615年)宇和郡板島の地(現在の宇和島)に、初代秀宗が入国して以来、歴代藩主の善政によつて殖産興業、文化の興隆めざましく、香り高い幾多の文化遺産を保有しています。特に八代藩主伊達宗城は賢侯のきこえ高く、内政の充実はもちろん、幕末政局多端に際しては、松平慶永・山内豊信・島津斉彬らとともに大いに活躍したところから、中央との交流もしげく、他に見ることのできない貴重な文化財が残されています。
 昭和47年に市制50周年を迎えた宇和島市は、それを記念して、これらの文化財を公開し、先人の業績をしのび、文化愛護の精神をやしなうと共に、これを伝承し、さらにより高い文化の創造をねがってこの博物館を建設しました。

藍白地黄返小桜染革威鎧

宇和島伊達家系図
(仙台藩祖)伊達政宗 だてまさむね
 ↓
(宇和島藩祖)秀宗 ひでむね
 ↓
 二代  宗利 むねとし
 ↓
 三代  宗贇 むねよし
 ↓
 四代  村年 むらとし
 ↓
 五代  村候 むらとき
 ↓
 六代  村壽 むらなが
 ↓
 七代  宗紀 むねただ
 ↓
 八代  宗城 むねなり
 ↓
 九代  宗徳 むねえ
 ↓
 十代  宗陳 むねのぶ
 ↓
 十一代 宗彰 むねあき
 ↓
 十二代 宗禮 むねのり
 ↓
 十三代 宗信 むねのぶ
 
入館時間 午前9時〜午後4時30分

休館日 月曜日及び12月29日から翌年1月3日まで
    月曜日が国民の祝口にあたる場合は火曜口
入館料 大人500円 大・高生400円 中・小生無料

    団休(20人以上)並びに敬老手帳及び身体障害者手帳を所持する者は大人400円 大・高生200円 中・小生無料

所在地 〒798-0061
    愛媛県宇和島市御殿町9番14号
    TEL(0895)22-7776 FAX(0895)22-7819



posted by どんちゃん at 14:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28870268

この記事へのトラックバック

ケノーベルからリンクのご案内
Excerpt: 宇和島市エージェント:記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載しました。訪問をお待ちしています。
Weblog: ケノーベル エージェント
Tracked: 2009-05-05 09:20
ホームページ制作代行 消費税の事業区分 税理士事務所業務案内 ドンゴラスけ林の鏡 行政書士業務案内
税理士事務所 株式会社設立費用 行政書士事務所業務案内 フリー素材置き場 税理士の相互リンク集
建設業許可とは 税理士 お客様の声 行政書士になりたい人 麻雀(マージャン)役 行政書士相互リンク集
税理士事務所 にせ税理士にご注意 行政書士事務所報酬一覧 コリドラス繁殖 税理士事務所案内